<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

やっと!?


❮かせ野二紗子のご当地レポート♪❯


藤枝市民会館の壁に!富士山!?

今回は後半天気は良いですが、曇りで富士山を拝めていません❗

なので思い込みかも知れないけれど、デザインは富士山🎵のはず🎵


そして安定のマンホール🎵

全国的に猛暑ですが、熱中症に気を付けて残り4ステージがんばります❗


かせ野二紗子。



劇団東演 * 「月光の夏」旅日記 * 11:26 * - * -

お茶の国!


❮かせ野二紗子のご当地レポート♪❯


可愛いマンホール🎵名物、菊川茶🎵

「きくかわ」ではなく「きくがわ」と濁るそうです。

来年の春には閉会してしまう掛川演劇鑑賞会。。。

劇場は菊川文化会館アエル。

名物のお茶の色ですべてが緑色!?座席も!幕も!

印象に残るこの劇場とも今回で東演は最後。。。

今後は東京でお会い出来ることを願って❗


かせ野二紗子。

劇団東演 * 「月光の夏」旅日記 * 15:47 * - * -

またまた❗


❮かせ野二紗子のご当地レポート♪❯


「今回は、マンホール撮ってないの?」と嬉しいお声をかけていただきました🎵ので、はりきってマンホールを😃


清水といえば、まるちゃん。そして清水エスパルス。


まるちゃんのマンホールカードも観光案内所でいただきました❤


かせ野二紗子。

劇団東演 * 「月光の夏」旅日記 * 23:24 * - * -

富士宮〜清水へ

富士山を見ずして富士宮を語るなかれ!と思いましたがこの連日の天候、台風が逸れたばかりの空には富士山は見られませんでした(T ^ T)

しかし!「月光の夏」は皆さんの温かい拍手のもと、無事に終えることが出来ました。

そして、清水へ!

清水は7年前、「月光の夏」を上演しました。その後、ハムレット、検察官を経て今回再び、この作品が帰ってくることが出来たこと、本当に感謝です。

運営サークルの皆さんの歓迎を受け、この清水文化会館マリナート大ホールでの本番も、あっという間の充実した一日となりました。

こちらでは「月光の夏」の読み聞かせをされているそうで、「私、吉岡公子さんの所を読んでるんです」とある方から声をかけて頂き、この作品が広がっているんだなぁーと、実感!

 

暑さが増すこれからが本当の月光の夏シーズンを迎えます。

劇団の他のチームも稽古に勤しんでいることでしょう。

お互いに頑張りましょうね!

 

今日は…菊川に移動します。

つかの間の休日、体を休めてラストスパート!!

 

 

劇団東演 * 「月光の夏」旅日記 * 10:14 * - * -

島田!

プラザおおるりでの公演。

終演後のロビー交流会も大盛り上がりだったようで、バラシ中ににぎやかな声が聞こえました。

茶色のピアノも忘れられない思い出の一つになりました。


台風が心配ですが、雨にも負けず風にも負けず…今日は富士山のお膝元、富士宮での公演です!


大川綾香

劇団東演 * 「月光の夏」旅日記 * 11:46 * - * -

ありがとう~~~静岡!

昨日と今日。

静岡市は駿府城公園からほど近い、静岡市民文化会館中ホールでの2ステージでした!

広めのステージに声の拡散が心配でしたが、客席には無理なく通っていることを実感し、とにかく伝えることに集中しました。

カーテンコールでは夏の象徴的な花、大きなヒマワリを頂きました。

楽屋にも美しい薔薇などのお花を飾って頂き、手作りのサンドイッチもとても美味しかったです。

市民劇場事務局での交流会は、スタッフキャスト全員がお招き頂きました。

 

いつも話題に登ることですが、もうこの作品を上演しなくても大丈夫な世の中にしたいね、と。

でも、まだまだそんな訳には行かないこと、今のお子さんや若者たちが、世界大戦があったということ自体を知らない、などなど語り合いの宴となりました。

やはり私たちの思いは未来の平和を祈る事、これに尽きるのです。

9月公演、11月公演のアピールもしながら、劇団東演を改めて知っていただき、静岡市民劇場の皆さんとの距離が更に近くなった二日間になりました。

運営サークルの皆様に心から感謝を申し上げます。

 

女A   岸並万里子

 

 

 

劇団東演 * 「月光の夏」旅日記 * 21:22 * - * -

久しぶりの!


❮かせ野二紗子のご当地レポート♪❯


久しぶりの旅公演!

ちょこちょこ、またレポートさせていただきます❗


磐田🎵

ゆるキャラの「しっぺいくん」。

2年前と比べて、より町中に溢れていました。

癒されますね( 〃▽〃)


かせ野二紗子。

劇団東演 * 「月光の夏」旅日記 * 11:18 * - * -

浜松の五日間

やって来ました、浜松!

到着と同時に、私たちが過ごす楽屋と廊下に、美しいお花を生けて歓迎して

くださいました。

この数年では「ハムレット」「検察官」が記憶に新しいですが、この「月光の夏」が例会に選ばれるというのは大変貴重な事だと思います。

初演から16年、年月とともに進化を遂げてきました。初めての組み合わせのチーム静岡、毎日新鮮な意識で本番を迎えることができました。

愛のこもった手作りお料理や差し入れも、本当にエネルギーになりました!

5ステージ目の千秋楽の今日は、スタッフ、キャスト全員を迎えていただいた交流会でした。運営サークルの皆様とお話させていただき、おひとりおひとりが、真っ直ぐな目でこの作品を見てくださったことを実感しました。戦争体験をされた世代の方もいらっしゃり、「語り継ぐ」ことを改めて考える五日間となりました。

チーム静岡はまだまだ旅を続けて行きます。明日は磐田へ!

劇団東演 * 「月光の夏」旅日記 * 23:00 * - * -

スタート「月光の夏」

静岡県にて「月光の夏」始まっています。

 

最初の地は浜松北。浜北。

 

浜北には演出家の鈴木完一郎さんのお墓がありますので皆でお墓参りに。

 

各々、完一郎さんと向き合いました。

 

終演後はロビー交流会もあり、沢山の方々と舞台の余韻を共有できて幸せでした。

 

今は浜松。

 

静岡県の皆様、どうぞよろしくお願い致します。

 

南保大樹

 

劇団東演 * 「月光の夏」旅日記 * 15:47 * - * -

海老名。


今年は『月光の夏』の旅公演はこちらだけ❗

海老名演劇鑑賞会主催。

海老名文化会館小ホールにて。


メンバーは南保、奥山、岸並、かせ野。

ピアニストは根岸さん。


海老名も猛暑でした。。。


2014年の大ホールでの『ハムレット』の公演以来でした。会館の外観がオレンジでとても印象に残っています。


小ホールは330人くらいの『月光の夏』にぴったりのサイズの劇場でした。

お客さまとの距離も近く、最後には泣いている声も聞こえてきました。

カーテンコールではひまわりの花束をいただき、ブラボーのお声もかけていただき、ビックリしました。本当にありがとうございました。


そして旅公演先での習慣(趣味?)のマンホール❗


市の木ツゲ、市の花サツキ、相模国分寺の七重の塔、中央に海老名市の市章をデザイン。市章はカタカナの「エビナ」を図案化し平和と飛躍を表しているとのこと。


七重の塔があるとは知りませんでした。

また色々な街のマンホールをお届けいたします🎵


『月光の夏』の公演は、劇団のワゴン車1台、総勢9人で全国どこへでも参ります❗劇場でなくても、体育館、教室、喫茶店、どこでも大丈夫です。多くの方に観ていただき、伝えていきたいと思っております。

公演のご依頼は劇団まで!



そして東京では、8月13〜15日まで。成城ホールにて。

こちらにも是非、足をお運びください。お待ちしております。


かせ野二紗子。 



劇団東演 * 「月光の夏」旅日記 * 16:00 * - * -
このページの先頭へ