<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

「今の私」 阿部航平

こんにちは、去年度入団した準劇団員の阿部航平です。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

東京は昨日から急に寒くなりましたね。参ったものです。

 

私的にはこの自粛生活、実はあまり苦ではなくストレスといえば髪を切りに行けない、友人と会えないくらいなものなのです。

でもそれきっと私が部屋で一人でいることが好きなタイプだからでしょう(笑)

 

具体的な過ごし方といえば無難なもので読書、筋トレ、映画鑑賞です。

あとは地元である北海道の友人とゲーム片手にスマホで電話するのが最近の楽しみの一つです。

 

また動画編集という新しいことにも挑戦を始めました。

まだまだ高度な事はできませんが、映像に音楽を乗せてみたり動画の色味をいじったりして『こっちのほうがいいかな?あ!これも良いな!』と試行錯誤でき、とても楽しいです。

 

『新しい』繋がりでいうとアルバイトも新しいものを始めました。

それがコンビニの店員なのですが、思っていたよりもとても大変で勤務が終わった頃にはヘトヘトになっています。

(体感としてはそんなに疲れるようなことしてないと思うのですよ?)

流石に覚えるべきことが多く早く慣れるように頑張っていきたいと思います。

 

 

まあこんなところで私の生活のことはいいとして…

 

 

お芝居。

私としてはまさかマクベスがこんな形で終わり(大変ありがたいことに中止ではないですが)になってしまうかと。

夜に名古屋入りをした次の日が休演日だったので

午後に映画館へ行き席に座って時間潰しにスマホを見たら延期の旨を知らせるメールが目に飛び込んできました。

その衝撃が今も胸に残っています。

進むはずだった時計が急に止まってしまった感覚…(というと気取っていて嫌ですが)

 

でもとにかく前に進むしかないと思っています。少なくともそう心がけたい、

苦しさや辛さばかりに目を向けずに何かできることはないか意識していきたいと思います。

また劇場の、ここで何か重大な事件が起きるような張り詰めた空気を皆さんと一緒に吸いたいです。

 

この自粛生活を通して、日々当たり前にある営みが決して当たり前なんかじゃないとわかっていたつもりですが、

こうして実際に奪い取られてみるといかにその日々が輝いていたかを実感させられました。

そのことを気づかせてくれたことに感謝して精一杯生きていきたいと思います。

 

ここまでお読みいただいてありがとうございました。

また劇場でお会い出来ることを楽しみにしております。

 

阿部 航平

 

劇団東演 * 「今の私」2020 * 12:05 * - * -

「今の私」 腰越夏水

−叫び−

1966年 劇団東演12回公演

八田元夫演出「どん底」


社会人になって、初めて観た芝居でした。



何だかわからない衝動に突き動かされ、真面目なOLからヤクザな役者へと転身し、元気印のトッポと呼ばれるようになりました。




あれから50年、今、芝居は生きる力となっています。


−「どん底」より、ルカとアンナの場面−


ルカ

「死は幼子の母親の懐に帰るようなものなんだ。そこには何の苦しみもない安らぎが待っているんだよ」


アンナ

「本当にそうなら良いのにねえ。

本当にそうなら…………………………!

ねえおじいさん、あの世に苦しみがないのなら、この世でもう少し辛抱出来るよ!

辛抱しても良いよ!」


アンナのセリフが心に沁みます。

アンナに励まされ、背中を押してもらい、抗癌治療の副作用と戦い、残された命を生きています。

見えないウイルスの恐怖の中、友や子供に会えず、飲み会もできず芝居も出来ずに逝くのはたまらない!


鑑賞会、市民劇場のみなさま!同じ釜の飯を食った仲間達!

もう一度舞台へ、芝居がしたい。でもね私……………幕か?!


なにくそ!!私踏ん張るよ!希望は捨てない!それは生きること!



こんな思いを秘めて、毎日散歩、片付け、洗濯炊事、「今晩何を食べようか、何かうまいもの食べたい」。食欲旺盛、元気印のトッポです!!!



腰越夏水



劇団東演 * 「今の私」2020 * 13:23 * - * -

「今の私」和泉れい子

こんにちは、和泉れい子です。

緊急事態宣言が解除され始め、お先真っ暗だった世の中が少しずつ明るくなってきましたね。

ほぼ3ヶ月、我が家から多摩川を越えての電車移動を完全自粛。ああ、早く通い慣れた下北沢の町並みを劇団へと歩きたい!!

 

仕事以外、かかわっている地域活動は全て休止。日課のジム通いも休止。時間はたっぷりある自粛生活、日頃見てみぬふりをして放置していた家事をガーッとやっつけました😄

 

私ランニングはNGなのでエネルギー消費は専らウォーキングです。東西南北、野越え山越え歩きました。5月からは多摩ニュータウンの中を毎日ウォーキング。

外出にはマスクは必須ですね。

 

 

昨日片付けていた中でこんな ものが出てきました。

1979年の東演ニュースです。私は入団したての研究生でした。

八田、下村両先生を亡くしながらも新たな創造拠点を得て劇団の皆は、未来へ大きな夢を描いていたと思います。

40年後の今、社会は大きく変わろうとしています。舞台を通しどのようなメッセージを送り出せるか、私たちもしっかりと世の中を見据えていかなければ、と思っています。

 

我が劇団も「マクベス」の旅公演が途中で中止になり公演は延期ということになりましたが、各地の鑑賞会や市民劇場のみなさんのご苦労もたいへんだろうと思います。そんな中で舞台芸術を支えてくださる会員のみなさんの力は、私たちの創造のエネルギーへと繋がります。

より良き未来を次の世代に手渡すためにしっかりと生きて行きたい!そう思う「今の私」です。

 

和泉 れい子

 

 

 

 

劇団東演 * 「今の私」2020 * 01:37 * - * -

「今の私」清川翔三

マクベスの旅中、コロナウィルスの影響で公演が一つ休演になったとき、まだ楽観的に考えていて数日経てば落ち着くだろうと思っていました。しかし、その後の連絡で全て延期ということになりました。

残念ではありましたが、すごい感染力だという話で帰京してから予防にかなり気をつけていました。少し体調崩すだけですごい不安になりました。今も十分体調には気をつけています。


バイト先が駅のホームの中にあるのですが、明らかに人の流れが激減しました。前の日常とは変わってしまいました。


そんな中でも、演劇という文化が人の心を豊かに、明るく、健やかにすることを信じています。


6月に予定していた公演も延期がきまり、8月の月光の夏も出来るのか…という不安もありますが、やれることを信じてストレッチや読者など、今出来ることをやります。

マクベスの魔女に向け筋トレ(あまり好きではないのですが)は続けています。初演のとき無理をして腰を痛めた経験があるので、ケガしにくい、強い身体を目標にしています。


また劇場でお目にかかれる日を夢見て。


劇団東演 * 「今の私」2020 * 15:06 * - * -

「今の私」光藤 妙子

緊急事態宣言が出てからもバイトの為 連日渋谷まで出勤という生活です

4月はホントにビックリするぐらい全く渋谷には人がいませんでした
地元のスーパーの方が人が多くて多くて
渋谷にいる方が安全じゃないかと
それでもかなり感染リスクが高い状況ですので
移らない・絶対に移さない為に実行している事があります

*家でもマスク着用(家族がいますので)*朝晩2回の検温*寝る前と起きた直後の舌磨き(モチロン歯磨きも)←舌に付いている色々な雑菌やウィルスを体内に行かない様予防効果があるらしいので
*ラジオ体操第1と第2で日替りで
*電車では間隔を開けて座る 隣に座られたら一目散に逃げる
  モチロン手洗いうがいは忘れずに
おかげで毎年春先は必ず風邪を引いていましたが今期は引いていません🤗この大変にしんどい状況の中でもちょっとしたとても良い事です
車内でも素晴らしいぐらいに間隔を空けて乗客の皆さん座っていらっしゃいます
芝居のワークショップでお互いの間隔を均等にするというのがありましたが 皆んな出来るっ!と不謹慎にも思ってしまいました
こんな状況ですがほんの小さな事でも happyな事や楽しく事を見つけたり感じたりする様にしています

まだまだ大変ですが今回の事でホントにあたりまえの普通な生活が
とても大切な事でお芝居や映画 音楽が自分の中でとってもとっても大切なものなんだと感じています

この状況が収束した時 今回の経験や感じた事をいかせたらいいのですけど
そうは言っても中々それが難しい事ですが
志は高く 明るく 前向きに


手作りマスク零号機サイズ間違えてホントのマスクになってしまいました💦
劇団東演 * 「今の私」2020 * 14:30 * - * -

「今の私」上村 遥

こんにちは!

劇団東演、入団3年目の上村 遥(うえむら はる)です。

皆さん、自粛生活如何お過ごしですか?

 

僕の最近の1日は、お昼過ぎに始まるという自堕落な生活ですが、ストレッチ、筋トレ、発声練習は毎日やっています。

発声練習のテキストは「外郎売り」と「ガマの油」です。1日1日課題をもって取り組み、自分で考え、改善点を見つけるという日々は、芝居の初心を思い出させ、「はやく芝居がしたい!」というモチベーションを高めてくれます!1日でも早く、皆様に自分の声を届けたいと思っています。

 

 

そんな僕の生活を支えてくれるのは、実家の熊本から母が送って下さる食材の数々です。

今回はその中から、僕のお気に入りをご紹介致します。それは…

 

 

馬肉のヒモ肉です!

熊本なので、馬刺をご想像した方もいらっしゃると思いますが、実は馬肉は焼いても美味しいのです。特に刻んだ長ネギと一緒に炒めれば最高です。馬肉の旨みと、長ネギの甘さがマッチしてご飯が進みます!!

 

 

 

緊急事態宣言が解除された都道府県も数多く、東京も早めに解除されるかもしれない風潮ですが、まだまだ油断は出来ません。皆さん不要な外出はなるべく避けましょう!

外出したくなっても散歩程度にしましょう。もちろん遠くに行き過ぎてはいけません。

1人1人の心がけが、大切なひとを、日本を、世界を救います。

それでは皆さん…

 

 

 

いただきます!

 

上村 遥

劇団東演 * 「今の私」2020 * 07:37 * - * -

「今の私」大川綾香

5月も真ん中が過ぎようとしています。

緊急事態宣言に入り、私も巣篭もり生活の一員です。最初の頃こそ時間をどう使っていいのかわからない!飽きた!とか言っていましたが一ヶ月も過ぎるとパターンができてきます。私はすぐ飽きてしまう性なので最低限のやることだけ決めてあとは気ままに・・・掃除したり、本読んだり、音楽聞いたり、料理したり・・・イギリスのパンケーキクランペットを作ってみたのですがモチモチしていて美味しかったのでまた作ろうと思います。(映え仕様)

f:id:mokumukumoku:20200515123307j:image

こんなに長く家にいると飼い猫の行動パターン、癖も知れます。なぜかにゃーんと鳴いた後に寝転がって己を舐めるのです。なぜ鳴く?食事していると足にじゃれついてきて食事どころではありません。生傷だらけになるのですがかわいいからOK⭐

f:id:mokumukumoku:20200515123400j:image

ラジオを聴きながら長風呂して汗をかくのも楽しいです。時間に追われてないからこそできることのひとつかも。あとは天気が悪い日以外は毎日散歩するようにしています。時間も様々で長いときは昼過ぎに出て夕方帰るときも。

f:id:mokumukumoku:20200515123427j:imagef:id:mokumukumoku:20200515123416j:image

こんなゆったりとした時間が流れる生活はある意味貴重・・・そう思うと入団して12年?演劇と共に生きてきました。

芝居ができた環境が…勝手に当たり前だと思うようになって当たり前ではなくなって、そもそも当たり前だという固定観念がおかしいのかもと気づいて。地震も時もそうです、節あるごとに考えさせてくれます。歩いては止まって、歩いては止まっての繰り返しです。

いつ劇場で芝居をみたり、やったりできるようになるかわかりませんが待ちます。待ちましょう。ZOOMを使ったリモート○○がでてきて、オンラインでの活動の幅も広がっていくんだろうなと思いますが最後には生で見る良さに戻って来る、やっぱり演劇も音楽もお笑いも生がいいよね〜‼‼とわたしは思います。早く人と会って話したいです。

でもいまはグッと堪えて、最後は笑って会いましょう。

気温もあがってきましたので水分はしっかりとってお過ごし下さいませ。

 

大川 綾香



追記

ぱら〜た通信vol19に記載したクロスワードなのですが、一マス黒く塗り忘れていましたm(__)m

画像の青い部分です。(正解に支障はないです)お詫び申し上げます。


劇団東演 * 「今の私」2020 * 12:54 * - * -

「今の私」 酒田真弓

みなさま お元気ですか(^^)
私は長〜〜い春休みを過ごしております
2月はそうでもなかったけど、3月に入り旅公演も延期になり、行こうと思っていたライブも全部中止💧 接客の仕事だから段々とストレスがたまってきて、体調が悪くなり怖くなってきました。
そして 緊急事態宣言。
5月6日まで仕事先は休業。自宅待機となりました。(5月31日まで延びたので、春休みは、続いておりますが)
こんな長い休みどうしよう…でも正直ホッとしました。劇団に入って40年 仕事をしながら活動してきて、まずこんなことはないから、この時を過ごしてみましょう と(^^)
休日の過ごし方が下手だから、早寝早起きの生活リズムは変えず、何かひとりで毎日少しずつ出来る事を考えよう!
まずは、散らかり放題のお部屋の片付けと断捨離。
それから… そうだ!お勉強
私事だが、9年前からある韓国のアーティストにはまり追っかけをやっている(笑)
←(自分で拡散してるからみんな知ってる)
2年前くらいから、言葉が少しわかるといいなって思って、テレビのハングル講座を見たりしてるが、そんなに甘くはない💧 日本語だってちゃんと話せてるかどうか? 日常でも舞台でも(汗)(笑)
今 仕事も劇団活動も止まってしまった日常…
よし! 毎日一時間くらいなら続けられる。録画したハングル講座を見たり、
彼の韓国語の歌の歌詞を書き写し。写経のように。
これが何も考えず集中出来る時間が作れて楽しい(^o^)
すぐに忘れてしまうけど💧継続は力なり!
ここでちょっと…余談ですが
ことばのお話 日韓の違い
たとえば 日本では薬は飲む→韓国では食べる(モクダ)   足を洗う(悪い行いをやめるの意)→韓国では手を洗う(ソヌル シッタ) 顔が広い(付き合いが広いの意)→韓国では足が広い(パリ ノルタ)
一人で暮らしているから、時々黒いものが覆い被さってきたりするけど、医療現場やリスクの多い仕事をしている方々のことを考えると、こうしていることが今の私の仕事だから。
早くみんなに会いたい(;_;)
あの空間で、稽古してダンスして食べて
飲んで、時々もめて(笑) 笑って泣いて叫んで…
そんなことが出来る日を信じて
そして芝居を愛する人達と、舞台でお会い出来る日を信じて。
ヨルシミ サラヤジ   (一生懸命 生きて)
ッコッキルマン コッチャ
(花いっぱいの道だけを歩こう)
          酒田真弓
妹からの愛の手作りマスク

劇団東演 * 「今の私」2020 * 18:05 * - * -

「今の私」 星野真広

コロナ自粛の中如何お過ごしですか?

星野です。今年の3月から自粛生活です。最近は自粛疲れという言葉が溢れていますが、私自身は外に自由に出られないと言う事以外は慣れてきました。毎日少しずつ(10分ルーティーン)やることを作って、その項目数を増やしてます。最初は成果とかやる前の気合いとかなんか小難しい事考えてましたが、結局それを考えるとやらないのでなし崩しとは思いながらも、いっぱいやっちゃってもやると決めた事はやることにしてます。

長く続けるにはやはり手軽じゃないと続かないし、続けりゃなんとかなるのでなるべく日常に組み込んでます。

自分の近くに置くって事ですね。

これは芝居も同じかもしれません。

日本では芝居にいくっいうと一大イベントです。非日常だから継続できないし、やはり疲れてしまう。楽しむ前に疲れたり、拒否反応みたいなものがでてきてしまう。これは真面目な人の考え方ですね。例は違うかもしれませんが、昨日。きゃりーぱみゅぱみゅさんが『検察官方改正案に反対します』って投稿したらしいですが抗議があったり、ファンの間で意見が割れたり、ので削除したそうです。

日本では芸能人は政治思想は持っていても余り表に出さないのが暗黙のルールになっているという日本の土壌の問題もあるそうですがまあ、そうですな。自分が知らん人にはどういう影響がでるかわからないから賢明な判断かもしれません。でも、よく知ってる近所のおっさんが反対したと言って『昨日の発言は削除させてもらいます。』とは言わないと思います。

これは、生活の延長。根付いた日常のラインにおっさんがいるからでしょう。

芝居もまさに、近所のおっさんのような存在であると私達役者もありがたいし、お客様にもありがたい。

(ありがたくないこともあるかもしれませんが)

まさにウィンウィンの関係かなあなんておもいます。

まだまだ、長丁場になりそうです。

くれぐれも心と身体の健康に気をつけて。

 

 

 

 

劇団東演 * 「今の私」2020 * 10:13 * - * -

「今の私」 伊藤真歩

初めまして。最初に自己紹介をさせて下さい。

劇団東演準劇団員2年目

伊藤真歩(いとうまほ)21歳です。

日本工学院八王子専門学校卒業後、去年4月に劇団東演に入団しました。よろしくお願いします。                

(こういう見た目の人です   ↑  )

 

最近は暖かい日が続いていますが

皆様いかがお過ごしですか?

私は今家で積読の消費やずっと作れずにいた物を縫製しつつ、時には観られなかった映画をDVDで観たり、日課のジョギングを毎日しています。

(最近読んでいる本数冊、

この前作った扇子カバーと新しく作った洋服を着た犬のぬいぐるみです。)

 

(ぬいぐるみの服はデニムの布で作ってみました     

 ※左側が正面、右側が後ろです)

 

コロナの影響により

今稽古は延期、劇場や映画館、殆どの大型ショッピングモールの扉が閉まっています。

アルバイト行く際や、買い物をする際にも

充分に対策をしています。

 

劇団東演は今年

2月〜4月に「マクベス」地方公演

来月に新劇交流プロジェクト

「美しきものの伝説」をそれぞれ上演予定でしたが

「マクベス」は一部を「美しきものの伝説」は全公演延期になってしまいました。

また舞台を上演出来る事に対しどこか安心を感じつつ、

一度歩みを止められてしまった事で悔しいような、言葉では表しにくい気持ちになっています。

最近は時間のゆとりが出来た事で自分が後回しにしていた事が沢山出来ています。

けれど同時に

稽古に行く、友達と会う、観たい映画や舞台を観る等といった自分にとって当たり前の日々の有り難さ

劇場でお客様やパラータ会員の皆様、観賞会の皆様と作品を通じて思いを共有する、という

演劇で何よりも大切な事が出来ない事に対する悲しみを感じています。

今は兎に角、健康でいる事や力を蓄える事しか出来ないけれど

少しでも早く劇場でいつも東演の作品を観に来て下さっている皆様との時間が戻ってほしい、そう思っています。

 

 

正直、いつになるのかはまだ分かりませんが

いつか前のような当たり前の日常が戻り

劇場の扉がまた開かれたら

その時には成長した自分を見せられるように

そして、お客様、パラータ会員や観賞会の皆様にお会い出来る日を楽しみにしています。

 

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。

 

伊藤真歩(いとう まほ)

 

 

劇団東演 * 「今の私」2020 * 16:00 * - * -
このページの先頭へ