<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 沖縄のこと | main | ひゃ〜っ!(-o-;) >>

再び沖縄

松川さん

沖縄を愛してやまなかった故松川暢生氏。
琉舞を踊り三線を弾いた。

1983年上演「朝未来あさまだき(演出松川暢生)」で作家の謝名元さんと初めて出会う。そして沖縄の歴史、明と暗、沖縄の心に触れる事ができた。

沖縄公演も実現した。
アメリカ軍基地のあった沖縄市の会館のヤケに立派だったのが印象に残っている。
公設市場の肉屋では豚の頭、耳、豚足が売られていた。
魚屋では南国特有の鮮やかな色の鮮魚もあった。
路線バスの停留所には丁寧な時刻表などなかった。
‥おおらかというか・・・。

お久しぶりです、謝名元さん。
20年ぶりに稽古場で沖縄と巡り合います。

ジョギング和泉れい子



劇団東演 * パラータ雑感 * 03:11 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 03:11 * - * -
このページの先頭へ