<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お座布席、出動の巻 | main | 最後の助走 >>

六日目

060511_1748~01.JPG   
「見果てぬ夢」六日目。
開場30分前のパラータ。2Fの窓は楽屋。
この時間、役者は其々のペースで芝居の世界へと入っていく。

見終わって帰る道々、3人連れのお客さんの会話が耳に入ってきた。
「いやあ、来ちゃったわよ、3回ね」
「僕もだよ、そんなつもりは無かったのにポロッとね、こぼれちゃった」
「うん、良い芝居だったね。」
「ほんと、良かったね・・・」
そ知らぬ風を装いながら耳がダンボになっていた。

後三日・・・

ジョギング和泉れい子
劇団東演 * 「見果てぬ夢」日誌 * 02:48 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 02:48 * - * -
このページの先頭へ