<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お味噌汁。 | main | 徳利のお話し >>

満州娘です=^ェ^=

早いもので、もういくつ寝ると初日…な時期に来ており、日に日に緊張感を増してきております。

演出家の手によって、徐々にシーンが出来上がっていきます。

いろんな時代にいろんな人間が生きてきた。満州娘の桂琴は、1941年の春、どんな想いでこの広瀬の家に来たんだろう?

今日は作家の堀江安夫さんが稽古を見ていてくださいました。
書かれた人物の背景を想像し、膨らませて創造するのが私たちの仕事です。
…なかなか言うは易しですが、とにかく日々積み重ねていくのみです!

私たちひとりひとりの人生を、皆様ぜひ垣間見にいらしてくださいませ!

岸並万里子
劇団東演 * 「紅い荒野に洗濯機」日誌 * 23:32 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:32 * - * -
このページの先頭へ