<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 稽古場での対策 | main | 特別感。 >>

『月光の夏』15日班


こんにちは!
15日班の女Bを務めます、中花子です。

長い長い梅雨空から一転、夏本番です。
新型コロナウイルスに加えて、熱中症対策も急務となりましたが、皆さま、お元気でお過ごしでしょうか。

新規感染者も続々と増え、稽古場の私たちも、より一層、緊張感を高めて、感染対策に取り組んでおります。


私たちは、8月15日、75回目の終戦の日、12時からの公演に出演いたします。


左から、
男A 能登 剛
男B 木野 雄大
女B 中 花子
女A 山田 珠真子

ピアニストは、『月光の夏』歴14年目になられる、根岸弥生さんです。

このメンバーで、75回目の終戦の日、忘れてはいけない夏の記憶を、語り継いでいきたいと思います。

物語の軸を担う、男女A役の能登さんと山田さんは、この『月光の夏』が、朗読になる前から、つまり舞台版の頃から、この作品に参加されています。
男B役の木野くんは、入団は同期ですが、『月光の夏』では一年先輩。
頼もしくて優しい先輩がたの胸を借りて、精一杯やらせていただきます!

劇団の公演が止まってしまってから、もう5ヶ月になります。
先月、初めてこのメンバーと稽古場で顔を合わせ、稽古が始まった時、まさに、感無量でした。
稽古場から家へ帰る道で、やっと実感が湧いてきて、ちょっと泣きました。

劇団の財産公演から、芝居を再開できること、そして、その舞台に立てることの喜びを、切に噛み締め、しかし、喜びに浸るだけでなく、皆さまに安心してご観劇いただけるよう、しっかりと感染対策を施し、劇場で!皆さまをお待ちしております。

どうぞどうぞ、お身体に気をつけて、お過ごしください。
劇場で、お目にかかれますように。

中花子
劇団東演 * 「月光の夏」日誌 * 20:30 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 20:30 * - * -
このページの先頭へ