<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「今の私」三代陽輔 | main | 「今の私」木野雄大 >>

「今の私」三森伸子

門を出れば 我も行人 秋のくれ
三径の 十歩に尽て 蓼(たで)の花

どちらも与謝蕪村の句
 
 
三径とは、文人の道。蕪村の言葉を借りると「俗語を用て俗を離るる」ための道。
もともと三径とは、三筋の小さな道のこと。そこにお花やら木やらがあって、今日は紫陽花がさいたからここにしよう、などと、そこを旅するのであります。
その気になれば、文人のこころになれるのです。
そのための、三径。
 
わたしにも、三径がほしいなあとおもう。
これから先どんな日常に埋もれても、そこをあるけば、文人の、俳優の、芸術家のこころに行けるような。いつでもその境地を味わえる径を。
 
 
われも探そう  われの三径
われの三径    どこにあるかな
 
 
だけど「門を出れば 我も行人」 
 
われの三径  おやすぐそこに
 
かもしれないなあ。
 


参考図書:『月は東に  蕪村の夢 漱石の幻』森本哲郎,1992,新潮社
 

 


ある日のご飯記録。
昨晩はぶたしゃぶ、今朝はそのお湯でみそうどん。昨日のおかずは今日のだし。
夜は手羽元の煮物を教わる。
 
 
三森伸子
劇団東演 * 「今の私」2020 * 10:07 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 10:07 * - * -
このページの先頭へ