<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 沖縄旅日記 | main | 沖縄旅日記 >>

沖縄旅日記


伊江島です。

本部港からフェリーで30分。


まずは、団結小屋。

1953年(昭和28年)4月3日、米民政府は「土地収用令」を公布して、沖縄全県下で農民の土地を接収した。
島では真謝、西崎区に始まり、1955年3月11日から米軍はブルトーザーで住宅を壊し、農作物を焼き払った。離島のために支援も得られず、また、軍用地問題で戦闘的に戦っていた沖縄人民党が弾圧され、瀬長亀次郎ら指導者は刑務所に投獄されていた。島民は「乞食行進」を行い、全県を歩き世論に訴えた。この間、100人余の逮捕者がでた。伊江島の戦いは、「土地を守る四原則」(一括払い反対、適正補償、損害補償、新規接収反対)を貫く”島ぐるみ”の闘争の導火線となった。
土地接収、米軍演習の中で、多くの犠牲者を出す苦しみを乗り越え、1961年(昭和36年)に「伊江島土地を守る会」を結成するとともに「団結道場」を真謝に建設し、戦いを引き継ぐ多くの青年を教育してきた。



そして、米軍の訓練を偶然見られました。

上は物資。落として行ったのは民間人の畑。後で回収するそうです。

下は落下傘部隊。人です。これは基地内に着地するそうです。


伊江島には、どこまでが米軍の土地かを示す黄色い杭があります。しかし畑の真ん中にもあり、どれとどれが繋がっているのか分からず、あいまい。結局、どこもかしこも米軍の土地と思われている現状。


伊江島は民泊が流行っていて、高校生くらいの子供たちが島の人に説明を受けてました。県内の子もいたり、県外だったり色々だそうです。

少しでも心に引っ掛かってくれてるといいなぁと思います。



かせ野二紗子。

劇団東演 * 2018「琉球の風」 * 22:13 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 22:13 * - * -
このページの先頭へ