<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 納涼会。 | main | サイレント・スタンディング >>

今年も共に


日本の夏を語り継ぐ企画
四人の俳優とピアニストによるドラマリーディング

ピアノ・ソナタ『月光』による
朗読劇 「月光の夏」2017

七十二年目の八月十五日、パラータと成城ホール公演を終了いたしました。
思えば、初演からお世話になっているこの黒い台本も(刷り直しはありましたが)、十五年分の手垢と汗と、なにかいろいろなものが染み込んでいます。

鈴木完一郎氏から原田一樹氏へ演出が受け継がれ、私たちのコトバと台本の文字が、お客様との共有によって、劇場空間に礫となって解き放たれる。それは一瞬で消え、また弾けては消える。
ピアニストの指から体から流れ出る音霊から、最後に伝わるものは…

胸の中で咀嚼するためにある全楽章。
答えは一人一人の胸の中にあるのです。

お運びくださった皆様へ、心から感謝を申し上げます。

これから旅公演が始まります。
12日出演したメンバーが清瀬で、
14日のメンバーが新潟、群馬、埼玉の数カ所の地で。

忘れない。語り継ぐ。
14日女A 岸並万里子



 

劇団東演 * 「月光の夏」日誌 * 12:36 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 12:36 * - * -
このページの先頭へ