<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 植木! | main | 完走!2016「検察官」 >>

終わる気持ちはさみしいけれど

長かったような短かったような九州43ステージ。
スタッフ、キャストともに、市民劇場の皆様と心がひとつになったことが、この大きな仕事を成し遂げさせてくれたと信じています。

しかし役者としての反省点は一杯です。
ベリャさん、ロシアの俳優たちからのメッセージを、これからも忘れてはいけない。
来年のツアーでどれだけの成長を見せられるかが、今日からの私たちの目標となります。

熊本の地震で被災されながらも、涙を飲んで携わってくださった市民劇場の皆さん。
交流会での皆さんの笑顔は、私たちの方が元気をいただきました。
心より感謝を申し上げます。


そしてもう夏。
朗読劇「月光の夏」はいよいよ東北を巡ります。もちろん他のいくつかの町でも。
復興への道はまだまだ続いていますが、一人でも多くのお客様がいらっしゃれますように。

今日も、そして明日も、進んでいこう。

岸並万里子

劇団東演 * 2016「検察官」日誌 * 19:48 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 19:48 * - * -
このページの先頭へ