<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 三者会談 | main | 利根の流れ、川俣事件 >>

そのセリフの前の、沢山のこと

image.jpeg
【明治の柩】
稽古の日々が続いています。

借りてきた小道具も増え、
それをチェックする3人。
左から星野さん、
清川、
木野です。
(すみません、見事に3人とも後ろ姿で・・・・。)

右側の写真のものは
昨日、舞台監督さんと今回の小道具チーフ、川本春子が借りてきたものです。

はてさてどの場面で登場するのか・・・。
ご注目を!


この【明治の柩】という戯曲には、時の移り変わりがあります。

数日後だったり、数年後だったりします、次の場面が。

もちろんその間のことは台本には描かれておらず、
演出家を含め役者が創っていかねばなりません。

その「時間」の間に
何を見たり、聞いたり、感じたりしたか。

描かれていない時間の中で経験したことが、その場面の自分のセリフになったりしています。


それぞれの人物のセリフの、その前の「時間」。

それをたくさん想像していただけるよう、
今みんなで格闘中です。

面白い作業でもあります、これは。


時と共に人間がどのように変化していくのか・・・。

こちらにもご注目を!!


【明治の柩】
今月27日からの公演です!



古田美奈子

 
劇団東演 * 「明治の柩」日誌 * 00:02 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 00:02 * - * -
このページの先頭へ