<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 偽者!!! | main | 姫路市と言えば… >>

終わらない感謝と感激のひととき…

神戸演劇鑑賞会、神戸文化ホールでの3日間3ステージの幕は、地の底から響いてくるような「ブラボー!」の声とともに熱く下りた。
この舞台に何度も立ってきた先輩は懐かしさを噛みしめて。
初めての私は新たな感動を胸に覚えて。
この一歩は忘れられない一歩になると思う。

神戸演劇鑑賞会60周年記念のキャッチコピー投票

先日の記事でも取り上げられていたが、神戸演劇鑑賞会は今年60周年を迎えられるそうだ。
これは言葉では軽々表現できない、素晴らしい活動の成果だと思う。
私達の劇団もまだ55周年。私などはやっと50歳。
大先輩である。
どのキャッチコピーも素敵だと感じたが、思わず唸ってしまったのは、「会員と ともに歩んだ60年 目指せ100年!」。
その時、私は90歳。
その記念の年に、再び舞台に立てたらこんなに幸せなことはないだろう。

文化ホール内の日本食レストランで開かれた交流会は、3つの大きなテーブルに分かれて始まったが、それぞれのテーブルで盛り上がり、クライマックスには全体で大きな輪となった。
そして、みなさんの笑顔と賛辞の声、力強い握手に沢山の力をいただいた。
まだまだ山頂は遠くに…見えるのではなく、おぼろげに感じられるだけだが、そこへ力強く歩き続ける勇気をいただいた。
この場を借りて感謝したい。

ありがとうございます!

またすぐにお会いできる日を期して。

記念撮影はこれまでもいろいろ経験したが、演出のついた撮影は初めて?

交流会での記念撮影ハムレット軍の敬礼で…(あい〜んではありません)

1番テーブルみなさんと、ハムレット軍の敬礼のポーズで






交流会での記念撮影ベリャコーヴィッチ版「驚愕!」

2番テーブルのみなさんと、「驚愕!」のポーズで






交流会での記念撮影日本式

3番テーブルのみなさんと、日本式記念撮影のポーズで








クローディアス/能登剛
劇団東演 * 2014「ハムレット」1・2月 日誌 * 23:32 * - * -

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 23:32 * - * -
このページの先頭へ