<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

まつもと市民劇場運営サークル会議

DSC_0981.JPG
『琉球の風』が各地で動き出しています。

今年の『琉球の風』は、六本木の俳優座劇場での公演を終えた後、長野県ブロックや九州三都市、年末の神奈川ブロックなど演劇鑑賞会の旅公演が予定されています。

鑑賞会では年間数本行う例会(公演)を会員の皆さんでそれぞれ担当に別れ、手分けして運営をされていますが、その具体的な準備活動は2ヶ月以上前から進められるようです。

長野県は松本市のまつもと市民劇場では、7月6日、7日の2ステージ行います。既に1回目の会議は済んでいて、今回第2回目の会議に、出演者として『琉球の風』の魅力や見どころをお伝えするために招かれました。

会議は10:30〜、14:00〜、18:30〜の3回あり、それぞれお仕事や家事の合間を縫って集まった担当サークルの皆さんの、熱意や思い入れを肌で感じることができました。

これまでの公演写真やビデオ、また私自身が最近訪ねて見て聞いて感じた沖縄の写真や動画も交えてお話しいたしました。
資料は集めるには集めましたが、しっかりまとめていなかったため、最初はかなりとっ散らかった話になってしまいましたが、会議に参加された皆さんに助けられ、なんとか最後まで務めることができました。

『琉球の風』例会を成功させたいという目標で繋がっている市民劇場のみなさんの、お一人お一人のお顔を糧に、これからの稽古に臨んでいきたいと思いました。

新城芳郎(能登剛・のとたけし)



 

劇団東演 * 2018「琉球の風」 * 23:30 * - * -

『琉球の風』公演詳細

お待たせいたしました。次回公演のお知らせです。

2016年初演「琉球の風」が今度は六本木・俳優座劇場にて再び幕が上がります‼

 

 

劇団東演

第153回公演 「琉球の風」

 

作 中津留章仁
演出 松本祐子

 

【キャスト】

豊泉由樹緒
能登剛
奥山浩
星野真広
清川翔三
木野雄大

腰越夏水
岸並万里子
古田美奈子
量酘鷦啝
東さわ子

 

佐々木梅治(劇団民藝)

 

【スタッフ】

美術/乗峯雅寛
照明/賀澤礼子
音響/山北史郎
衣裳/大野典子
方言指導/久保田清美
舞台監督/相川 聡
宣伝美術/コガワ・ミチヒロ
制作/横川 功

 

【日程】
6/25(月)14時
6/26(火)19時
6/27(水)19時
6/28(木)14時
6/29(金)19時
6/30(土)14時
7/1(日)14時

 

【場所】

俳優座劇場【六本木】03‐3470‐2880
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」6出口すぐ

東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口 徒歩1分

バス停留所「六本木駅前」徒歩3分

 

【チケット】全席指定

一般 5000円
シニア(65歳以上) 4500円
U25(25歳以下)3000円
+1(3名様グループでプラス1名様ご招待)15000円

 

5月14日(月)から発売開始です!

 

が今回東演チケットセンター(http://t-toen.tstar.jp/)にて先行特割発売いたします!

期間は5月1日〜5月13日まで、一般5000円、シニア4500円→4000円で販売いたします!

オンラインのみ、こちらもぜひご利用くださいませ!

 

【あらすじ】

東京の旅行代理店に勤める片岡誠也のもとに一本の電話が入る。
代理店で企画している沖縄ツアーの実態について話を聞きたいという観光庁の秋本からの連絡だった。
同僚・新城沙緒理が手がけるこの沖縄ツアーは即座に満員になり、定員を増やす騒ぎになっていた。
しかし片岡は、沙緒理には純粋な観光ツアーではなく別な思惑があるのではと気にしていた。
「沖縄の人間は基本的に基地に反対しているからなぁー」と振ってみるのだが、
「反対している人だけではなく、賛成している人も、無関心派も大勢いますよ」と取り合わない沙緒理・・・。
東京生まれ東京育ちの片岡誠也、沖縄生まれで沖縄育ちの沙緒理の兄・新城芳郎、

二人の出会いでやがて意外な事実が明らかになっていく・・・

 

 

劇団東演 お問い合せ
TEL 0334192871
FAX 0334144753
Mail: info@t-toen.com

劇団東演 * 2018「琉球の風」 * 11:07 * - * -
このページの先頭へ