<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

次へと・・・

遅ればせながら、「検察官」おかげさまで好評のうちに無事幕を下ろすことができました。
ご来場くださった皆々さまありがとうございました。



翌日には下北沢で打ち上げ、ベリャさん始めロシアの3人の俳優は翌日ロシアへ帰国し、無事到着したとの報告がありました。

さあ、次なるパラータ公演は文化座さんとの共同企画、三好十郎作・鵜山仁演出「廃墟」です。
戦後70年の節目の年、あらためて戦後日本人が、そして日本が歩んできた道を厳しく見つめ返すことで、今が見え、これからが見えてくる、そんな作品に挑みます。ご期待ください。













れいこ和泉れい子
 
劇団東演 * 2015「検察官」日誌 * 08:00 * - * -

8日目開演前いろいろ

「検察官」も残すところ2ステージ。



楽屋におじゃまし記念撮影。

左・アスタペンコ(ジーマと呼んでます)、中・セルゲイ、右・星野











ロシアの俳優はみなでかい!特にジーマ(左)はマッチョででかい。迫力があります。

東演では長身の奥山(中)が小さく見えます。

右はイヨバッゼ。







今回急きょ出演が決まった蓮池龍三さん(左から2人目)。

以前我が劇団に所属していて、ベリャさん演出の「モリエール」に出演経験があります。

ボブチンスキー役の吉村さん&美女軍団といっしょに・・・





そして美女軍団のひとりに急きょ参加の光藤妙子。劇場入りしてからの参加でしたが、がんばり屋のたえちゃんは見事にチームに溶け込みました。



今回初めてトランペットに挑戦の河西伸治くん。

厳しいリーダー星野の特訓のおかげもあり、ずいぶんトランペットらしい音が出るようになりました。



女子はみな髪を自分で結わなければなりません。なので早めに化粧前に向かいます。





明日は千秋楽。

終演後のバラシについての打ち合わせ。

男性陣は装置のバラシ、女性陣は衣裳や小道具を担当します。



明日のラストワンステージ。

つつがなく終えられますように・・・



れいこ和泉れい子















劇団東演 * 2015「検察官」日誌 * 23:00 * - * -

6日目開演前のいろいろ

「検察官」開演1時間半ほど前。
台詞や動線の確認、あ~う〜と発声練習、ストレッチをしたり
本番に向けそれぞれがウォーミングアップ中です。
左は、ユーゴザーパド所属のロシアの俳優。指揮者や宿屋の給仕など
この芝居の進行役という重要な役どころのイヨパッゼ。稽古中ベリャさんの厳しい声が、幾度となく彼へ向けられました。劇中のダンスの振り付け(ペテルブルグ時)も彼がしています。
右は、フレスタコフ役の南保大樹。
前回のハムレットとは違う役どころで、この舞台の一翼を担います。



そして、劇中のリズムを刻む重要な役の楽士
歌野貴仁(右)&木野雄大(左)
リーダーの星野真広にガンガン鍛えられ目を見張る上達ぶり。
トランペットの河西伸治も日々進化しています。

Pカンパニーの内田龍磨さん。
ハムレットでは存在感のある旅役者が印象的でしたが、
今回は慈善病院長という役です。
快く「はいポーズ」
気さくで読書家の俳優さんです。











評判も上々。まだの方はぜひぜひお運びください。
3月1日まで新宿サザンシアターで上演しています。

れいこ 和泉れい子
 
劇団東演 * 2015「検察官」日誌 * 23:23 * - * -

『検察官』四日目終了

怒涛のように稽古が進み、気が付いたら四日目を迎えていました。
感覚的には、稽古期間の延長線上にいるような気分です。

入団一年目にしてこんなに凄いお芝居に携われるなんて思ってもみませんでした。

ロシアの俳優さん方とも知り合うことができて…。
しかも紀伊国屋サザンシアターのステージに立てて…。

とても貴重な時間を過ごしているということを噛み締めながら、千秋楽まで頑張ります。


準劇団員 木野 雄大
劇団東演 * 2015「検察官」日誌 * 21:59 * - * -

劇場入り!


昨日2月18日、ついに紀伊国屋ザザンシアターでの準備が始まりました!


昨日は男性陣は舞台作り、女性陣は衣装の加工作業に没頭し、
今日からついに本番の舞台での稽古です♪

新しい環境での稽古に、演出のベリャコーヴィッチ氏からは様々な叱責も飛び交いましたが(^^;;)、彼曰く、

「新しい場所というのは、場所も、自分たちも拒絶しあっていて最初は上手くいかないものです。
汗と涙を染み込ませて、それでやっと、まぁ勘弁してやろう、と許してもらえるのです。」

だそうです。
サザンシアターに許してもらえるまで、汗だくになって走り回ろうと思います!

そして、今回の『検察官』では、客席を何列かつぶし、舞台を2間、つまり約3.6m前に大きくしています。
紀伊国屋ザザンシアターでこんなに舞台を広くした劇団は今までにないそうです!笑
歴史的な舞台!(*^^*)
ぜひ舞台装置もお楽しみに♪

中花子
劇団東演 * 2015「検察官」日誌 * 23:17 * - * -

今週土曜日開幕!

初日が近づいてきました「検察官」

最後の追い込み時期です。

昨日ベリャコーヴィッチ氏が日本とロシアの共同創作は興味深く、そしてこの交流がとても良い作用を醸し出していると仰っていました。

これからさらに精度を上げて初日まで全力で行きます!

ぜひ観に来てください!

南保大樹
劇団東演 * 2015「検察官」日誌 * 15:08 * - * -

稽古場から・・・


ベリャさんの演出は日々変わります。
昨日は出ていたシーンに今日は出なくなり
陰で歌います。

でもまた変わるかも・・・なんてつぶやきながら
「ロシア語で歌え!」という無茶ブリ?に
笑顔でついて行ってます。

左大川綾香(婦人たち役)右東さわ子(娘マリア役)




楽屋では衣裳担当のオレーシャの指示の下、衣裳チーフの
岸並万里子(右)が頑張っています。

「オレーシャ、フォトいい?」と尋ねると、すっぴんだから
ちょっと待って!とファンデーションを付けヘアスタイルを
直し、はいどーぞとこのポーズ。ベリャさんの難しい注文にも
素早く対応する頼もしい存在です。

左から中花子(婦人たち役)、Z・オレーシャ、
腰越夏水(市長夫人役)、岸並万里子






そして8人の婦人たち

左から千葉あや乃(Pカンパニー)中花子、古田美奈子、
量酘鷦啝辧∀太瑤譴せ辧¬靆鄲抻辧∪酲椽媚辧大川綾香


年長さん、年中さん、年少さんと幅広い年代が揃いました。




そしてそして、大事なポジションの演出助手に
光藤妙子、小池友理香の二人がついて
今回の舞台を支えています。


21日の初日を目指し猛稽古の日々です。
どうぞ皆さま、パワフルなV・ベリャコーヴィッチ演出の「検察官」へぜひぜひお越しくださいませ。

れいこ和泉れい子 

 
劇団東演 * 2015「検察官」日誌 * 01:01 * - * -

ベリャさんと佐藤さん




こちらは稽古後のベリャさん(V・ベリャコーヴィッチ氏・演出家)と
佐藤史郎さん(翻訳・通訳・コーディネイト)です。

お二人にはもう長い歴史があり、
息もぴったり。


今回の「検察官」、
22日(日)、23日(月)の公演終了後には
アフタートークがあります。

もちろん!
このお二人は登場します。

ぜひ劇場で、ベリャさんの情熱やエネルギーや笑顔に触れてください(^_^)


今日は一つ、
ベリャさんに質問してみました。

「俳優に必要なものは何でしょうか?」


「才能です」

!(◎_◎;)


ぜひみなさまも、アフタートークの場で色々とご質問を!

より舞台、「検察官」を
お楽しみいただけると思います(*^_^*)


さあ、初日まで2週間!
稽古場では、「検察官」の世界が
より深く、濃くなっています。


古田美奈子
劇団東演 * 2015「検察官」日誌 * 20:14 * - * -

ズドラーストヴイチェ(^∇^)

ズドラーストヴイチェ!(こんにちは!)

「検察官」、稽古場では
連日熱い稽古が繰り広げられています。

日本語、ロシア語、怒声、笑い声、歓声、歌声、楽器の音・・・、
様々な音色が飛び交う稽古場です(^_^)


本日は、
共に「検察官」の舞台を創る
ロシア人のみなさんをご紹介!



まずはS・ポロジノフ。
みんなからは「セルゲイ」と呼ばれています。

優しい笑顔のセルゲイ。
みんなを引っ張ってくれています。

お隣は、青年劇場の吉村直さん。
舞台でのこのコンビ、必見です!


さてお次は・・・


D・アスタペンコ。
「ジーマ」、「ディーマ」などとみんな呼んでいます。

吸い込まれそうな綺麗な瞳が
とっても魅力的!

日本に来てまだ僅かですが、
もういくつかの日本語を覚えた模様(^_^)

お隣はPカンパニーの千葉綾乃さん。
東演での出演は初めてですが、もうずっと前から一緒にやっているような、何とも頼もしい方です。


そしてそして、



G・イオバッゼ!
「ジョーラ」と呼んでいます。


彼の動きからは目が離せないはず!
ぜひ、舞台でお楽しみください(*^_^*)

左側は中花子、中央は大川綾香、
舞台を盛り上げます。



そして、忘れちゃいけないこの人、
Z・オレーシャ!



「検察官」の衣裳全てを担当。

出演者が多い→衣裳が多い、
という事になり大変なのですが、
毎日明るく作業しています。


言葉で全てを伝えられなくても
「伝えたい気持ち」が大切!

共に最高の舞台を創ろう!
という気持ちがあれば、言葉の壁は容易に乗り越えられます。


彼らを始め、
舞台上に出てくる人々の
表情にぜひご注目を!

本当に沢山の、
今まで見た事がないような
色とりどりの表情を
楽しんでいただけると思います。


「検察官」は21日から。
サザンシアターでお会いしましょう!



古田美奈子




劇団東演 * 2015「検察官」日誌 * 12:00 * - * -

ようこそ!

1422326004947.jpg
おはようございます。
昨日よりロシア人の役者が無事に日本に到着し、歓迎会を行いました。

途中でロシア民謡を陽気に歌ったりとエネルギッシュなロシア人にパワー負けしないように今後の稽古に臨みたいと思います。

歌野 貴仁
劇団東演 * 2015「検察官」日誌 * 11:34 * - * -
このページの先頭へ