<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

フッペル


『琉球の風』、現在福岡県は博多で3日目を終えました。
今日はキャストの数名は市民劇場の方々との交流会でしたが、スタッフの我々は公演の後はフリー。ということで!



同じ九州の、佐賀県鳥栖市にあるグランドピアノ、フッペルに会いに行ってきました!!

東演の夏の風物詩『月光の夏』に登場する、特攻隊員が出撃直前に弾いて行った鳥栖小学校のフッペルのグランドピアノ。
今は鳥栖駅からほど近い、サンメッセ鳥栖に保管・展示されています。

今現在は、受付に申し出れば実際に触らせていただくことができます。
去年から『月光の夏』に出演している椎名くんと、彼と同期の小泉くんと一緒に、ひとりひとり触らせていただきました。


68年前に、私たちと同じ年代の彼らが、この世の名残に弾いて行ったピアノ。
私たちの知っているグランドピアノより、サイズは小さいけれど、素直で、まるで歌うような音を出すピアノでした。
私たちのようなズブの素人が触れてもそんな音がでる。修復以後、どれほど大切に扱われ、そしてどれほど素晴らしいポテンシャルを持っているピアノか、改めて感じさせられました。

『月光の夏』に出会ってから、約四年半。念願叶って本物と、本物の音に触れることができました。

改めて、作品への想いと、平和への思いを深化できた1日でした。

一日も早く、戦争のない世の中へ…
私たちにできることは何なのか。これからも考え、進んでいけたらと思います。

中花子
劇団東演 * 「月光の夏」日誌 * 23:11 * - * -

始まります「月光の夏」


今年もやってきました「月光の夏」


「日本の夏を語り継ぐ企画」として毎年東京で夏に上演を続けてきました。


そして全国各地どこへでも伺い、この「月光の夏」に込められた理不尽さへの怒りや悲しみ、私たち日本人が引き受けなければならない歴史が、ピアノ演奏と相まって一人一人の胸へ迫られたのではと思っています。


そんな16年目の夏。


想像力を豊かに、今一度過去と現在と未来を見つめたいと思います。


当日券ございます。


どうか成城ホールまで観に来てください。


南保大樹



朗読劇「月光の夏」

2018年

8月13日 19:00〜

8月14日 14:00〜

8月15日 12:00〜 15:00〜


成城ホールにて

(成城学園前駅)


【お問い合わせ】

劇団東演

TEL 03-3419-2871

E-mail info@t-toen.com



劇団東演 * 「月光の夏」日誌 * 11:39 * - * -

朗読劇「月光の夏」PV

劇団東演 朗読劇「月光の夏」PV

 

原作・脚本=毛利 恒之(講談社文庫『月光の夏』より)
演出=鈴木 完一郎/原田 一樹

 

2018年8月13〜15日

成城ホール
 

【ストーリー】
佐賀県鳥栖市 − 。

戦後45年のこの年、鳥栖小学校の古いグランドピアノが廃棄されようとしていた。

かつて教師をしていた吉岡公子は、そのピアノに忘れられない思い出を秘めていた。

そしてピアノを平和の願いの証として保存して欲しいという思いから、全校集会で生徒達にその思い出を語る・・・。

太平洋戦争末期の昭和20年初夏、音楽学校出身の特攻隊員二人が学校に駆けつけ、今生の別れにベートーヴェンのピアノ・ソナタ「月光」を弾き、沖縄の空に出撃していった・・・。

 

【キャスト】

8月13日(月)19:00開演

能登剛、木野雄大、中花子、三森伸子

ピアニスト 佐々木崇

 

8月14日(火)14:00開演

能登剛、清川翔三、山田珠真子、古田美奈子

ピアニスト 仲道祐子

 

8月15日(水)12:00開演

南保大樹、奥山浩、岸並万里子、かせ野二紗子

ピアニスト 根岸弥生

 

8月15日(水)15:00開演

清川翔三、椎名啓介、和泉れい子、小池友理香

ピアニスト 根岸弥生

 

 

【スタッフ】
原作・脚本=毛利 恒之(講談社文庫『月光の夏』より)
演出=鈴木 完一郎/原田 一樹
照明=鵜飼守
音響=高橋巌
舞台監督=原野寛之
制作=横川功

 

料金
一般/3,000円  U25(25才以下)/1,000円 【日時指定・全席自由・税込】

 

チケット取り扱い・お問い合わせ

劇団東演 TEL 03−3419−2871  Mail info@t-toen.com

◎チケットは上記電話番号にて10:00〜18:00承ります。

また、FAXとメールは24時間対応。下記の項目をお送りくださいませ。受信確認後、おって回答させていただきます。

〇疚勝´⊇蚕蝓´E渡暖峭罅´い幹望の日時 シ種 λ膺

 

●東演チケットセンター●

http://t-toen.tstar.jp (別途手数料が発生いたします。ご了承のうえ、ご利用願います。)

 

劇団東演 制作部

TEL 03−3419−2871

Mail info@t-toen.com

成城ホール  03-3482-1313

劇団東演 * 「月光の夏」日誌 * 21:27 * - * -

2018朗読劇「月光の夏」公演詳細

最後に思いっきりピアノが弾きたい・・・
−生きたくても許されなかった青春−

 

 

日本の夏を語り継ぐ企画
朗読劇『月光の夏』

原作・脚本=毛利 恒之(講談社文庫『月光の夏』より)
演出=鈴木 完一郎/原田 一樹

 

2018年8月13〜15日

成城ホール
 

【ストーリー】
佐賀県鳥栖市 − 。

戦後45年のこの年、鳥栖小学校の古いグランドピアノが廃棄されようとしていた。

かつて教師をしていた吉岡公子は、そのピアノに忘れられない思い出を秘めていた。

そしてピアノを平和の願いの証として保存して欲しいという思いから、全校集会で生徒達にその思い出を語る・・・。

太平洋戦争末期の昭和20年初夏、音楽学校出身の特攻隊員二人が学校に駆けつけ、今生の別れにベートーヴェンのピアノ・ソナタ「月光」を弾き、沖縄の空に出撃していった・・・。

 

【キャスト】

8月13日(月)19:00開演

能登剛、木野雄大、中花子、三森伸子

ピアニスト 佐々木崇

 

8月14日(火)14:00開演

能登剛、清川翔三、山田珠真子、古田美奈子

ピアニスト 仲道祐子

 

8月15日(水)12:00開演

南保大樹、奥山浩、岸並万里子、かせ野二紗子

ピアニスト 根岸弥生

 

8月15日(水)15:00開演

清川翔三、椎名啓介、和泉れい子、小池友理香

ピアニスト 根岸弥生

 

 

【スタッフ】
原作・脚本=毛利 恒之(講談社文庫『月光の夏』より)
演出=鈴木 完一郎/原田 一樹
照明=鵜飼守
音響=高橋巌
舞台監督=原野寛之
制作=横川功

 

料金
一般/3,000円  U25(25才以下)/1,000円 【日時指定・全席自由・税込】

 

チケット取り扱い・お問い合わせ

劇団東演 TEL 03−3419−2871  Mail info@t-toen.com

◎チケットは上記電話番号にて10:00〜18:00承ります。

また、FAXとメールは24時間対応。下記の項目をお送りくださいませ。受信確認後、おって回答させていただきます。

〇疚勝´⊇蚕蝓´E渡暖峭罅´い幹望の日時 シ種 λ膺

 

●東演チケットセンター●

http://t-toen.tstar.jp (別途手数料が発生いたします。ご了承のうえ、ご利用願います。)

 

劇団東演 制作部

TEL 03−3419−2871

Mail info@t-toen.com

成城ホール  03-3482-1313

 

劇団東演 * 「月光の夏」日誌 * 23:42 * - * -

猛暑に猛稽古!

どんな暑さにも負けず、そして「琉球の風」の旅公演の合間にも東演はノンストップで芝居をやります💪

今年の夏も巡ってきました〜夏と言えばもちろん

朗読劇「月光の夏」です!

今年の目玉は、新しい班編成による四ステージ。

写真は八月十五日の十五時のトリを飾るメンバーです。

お気づきでしょうか?

若手男性陣とベテラン女性陣のコラボメンバーですヽ(*´∀`)ノ

昨年デビューした男B椎名啓介が稽古を進行し、ムードメーカーになってくれてます。お互いに忌憚のない意見を出し合い、改めて発見があったりします。

稽古はまだまだ始まったばかり、各班新鮮に個性的に、でも、伝えたいことは同じです。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております!

 

女A 岸並万里子

劇団東演 * 「月光の夏」日誌 * 19:31 * - * -

今年も共に


日本の夏を語り継ぐ企画
四人の俳優とピアニストによるドラマリーディング

ピアノ・ソナタ『月光』による
朗読劇 「月光の夏」2017

七十二年目の八月十五日、パラータと成城ホール公演を終了いたしました。
思えば、初演からお世話になっているこの黒い台本も(刷り直しはありましたが)、十五年分の手垢と汗と、なにかいろいろなものが染み込んでいます。

鈴木完一郎氏から原田一樹氏へ演出が受け継がれ、私たちのコトバと台本の文字が、お客様との共有によって、劇場空間に礫となって解き放たれる。それは一瞬で消え、また弾けては消える。
ピアニストの指から体から流れ出る音霊から、最後に伝わるものは…

胸の中で咀嚼するためにある全楽章。
答えは一人一人の胸の中にあるのです。

お運びくださった皆様へ、心から感謝を申し上げます。

これから旅公演が始まります。
12日出演したメンバーが清瀬で、
14日のメンバーが新潟、群馬、埼玉の数カ所の地で。

忘れない。語り継ぐ。
14日女A 岸並万里子



 

劇団東演 * 「月光の夏」日誌 * 12:36 * - * -

納涼会。

昨日、『朗読劇 月光の夏』初日を迎えました❗

15年目の今年。初日はおかげさまで満席に🎵

多くの方に観ていただけて、伝え続けていけること。

当たり前ではなく、多くの方に支えられて出来ることだと、改めて感じました。


公演のあとは、納涼会❗

昨年に続き、今年も開催しました。

お客様26名。劇団員23名。大いに盛り上がりました。

昨年と同じ❮下北沢 肉バルBON❯を貸し切り、飲み放題、食事付き。

次から次へとシャンパンのボトルが空き、話にも花が咲きました。


役者の方と話せる機会があって本当に嬉しいとお声をいただきました。

私たちもお客様の感想を直接聞くことの出来て嬉しいです。


これからも劇団員とお客様の交流の場を増やして行ければと思っております。

今回参加出来なかった方も次の機会では是非!



公演は今日、明日、明後日と続きます。

ご友人、お知り合いにお声掛けいただければ幸いです。


かせ野二紗子。




劇団東演 * 「月光の夏」日誌 * 12:01 * - * -

2017年「月光の夏」、いよいよ開幕!

「朗読劇 月光の夏」

いよいよ明日から開幕です!

 

それぞれのチームの面々です。

知らなきゃいけないこと

伝えたいこと

共有したい事実、思い・・・。

たくさんあります。

 

ぜひ劇場にいらしてください。
 

 

バックに流れる曲は「故郷を離るる歌」

急な要請にもかかわらず、準劇団員の村山かおりが弾いてくれました。

この歌は、この芝居の中でとっても重要なのです。

 

今年入った準劇団員は、稽古場で音響オぺとして活躍してくれました。

稽古を見ての意見も言ってくれて、頼もしい限りです。

 

 

ぜひ、多くの方に観ていただきたいと思います。

劇場でお待ちしています!

 

 

古田美奈子

 

 

 

 

 

 

劇団東演 * 「月光の夏」日誌 * 21:55 * - * -

Tシャツ!!


『月光の夏』、初演から15回目の夏を迎える今年は一味違う!

ということで、『月光の夏』記念Tシャツを作りましたー!!


左から、XS.S.M.L.XLと5サイズ展開でご用意しております!

背中の文字は能登剛 書!


表には劇中登場するグランドピアノ・フッペルと東演のロゴマーク(*^ω^*)


公演当日、物販で販売いたします♪(色はブラックのみ)
同じデザインの缶バッチも販売します!
お楽しみに〜(*´∀`)?

中花子
劇団東演 * 「月光の夏」日誌 * 17:38 * - * -

8月13日の「月光」



「朗読劇 月光の夏」
8月13日(日)、14時開演のメンバーです。

左から
能登剛
和泉れい子
絈野二紗子
椎名啓介
です。

椎名は「月光」初参加!
これまで先輩達と一緒に稽古を積み上げてきました。

新しいメンバーが加わることは

他の班のメンバーにも刺激になります。
色んな事に気づかされます。

一つ一つの言葉に心を込めて。

月光の夏、13日はパラータでの公演。
この空間の中での「月光の夏」は
本当にオススメです!


古田美奈子
劇団東演 * 「月光の夏」日誌 * 20:16 * - * -
このページの先頭へ