<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ありがとうございました!

『紅い荒野に洗濯機』はたくさんのお客様の笑い声、拍手の中、
無事に千秋楽を迎えることができました★

ご声援くださったみなさま、本当にありがとうございました!

思えばあっという間の1ヶ月半、苦しい稽古期間でしたが
終わってしまうとなると、やはり寂しさでいっぱいであります泣き顔

私たちはほっとする間もなく、俳優工房の終了公演の準備にとりかかります。
こちらの方も引き続きご声援よろしくおねがいいたします♪

したらみなさん、また会う日までグッドバイ、グッドラック!!

広瀬たまき@安田扶二子
劇団東演 * 「紅い荒野に洗濯機」日誌 * 13:38 * - * -

好評のうちに残り3ステージ!

紅い荒野
 3月3日、ひなまつりに幕を開けた劇団東演第129回公演『紅い荒野に洗濯機−ほんだらおたおた昭和庶民伝』は、快調に本番を重ねております!

 冒頭は、そんな舞台の1場面!
 ユニークなメイクがブログでどこまで伝わるかしら???

 本日夜は多少お席に余裕がありますが、明日あさってはさすがに残席僅か!
 まだチケットを入手していない「ほでなす」さんは、お急ぎくださいませ。

 制作部/高橋
 ※“敏腕Pのブログ”では、さらに様々な舞台写真をアップしてお待ちしていま〜すラブ
劇団東演 * 「紅い荒野に洗濯機」日誌 * 15:47 * - * -

荷出し!

28-02-08_2204.jpg
今日は稽古最終日。終了後は荷出し。明日には小屋入り、仕込みです。
なんだか4日後には初日を迎えるなんて信じられない汗
稽古が辛い日は正直、『はやく初日がこないかなぁ』なんて呟いてしまいますが、いざ出発の日を迎えると寂しいような恐ろしいような気持ちになります。

どうあがいても幕はあいてしまいます。ただただ最高の出来になるようにベストを尽すのみ!

ちなみに写真は演出助手からのダメ出しを待つ風景でありますぴかぴか

さて。
明日はどんな装置が建つか楽しみですラブ

たまき/安田扶二子
劇団東演 * 「紅い荒野に洗濯機」日誌 * 22:54 * - * -

もうすぐ…(^O^)/~~

もうすぐ、もうすぐ、初日です!「紅い荒野に洗濯機」(^o^)/

衣裳を着たりメイクをしたり、本番さながらの稽古をしておりますm(_ _)m

今回は、役者のメイクも「必見!」ですよう(^O^)

それぞれの個性が、メイクにも溢れています。ぜひ近くで見て欲しい…o(^-^)o


私はまだまだ、セリフだけを演じていて、その役の「心」を演じられていないと思うので、挫けずに前向きに!稽古しようと思います(*^_^*)

「心」を演じて、お客様の「心」を動かすのだ\(≧▽≦)丿


劇場で、一緒に笑いましょう('◇')ゞ

美奈子
劇団東演 * 「紅い荒野に洗濯機」日誌 * 01:28 * - * -

いい春

寒い冬であればあるほどいい春はやってくる。
様々な困難にぶつかって、失敗して、耐えて耐えて、頑張る。
そうすれば良い結果になるはず。
もう春はそこまでやって来ている。
二ヶ月間雨が降ろうが雪が降ろうが稽古をしてきた。
いい春がやってくる!
宗男/南保大樹
劇団東演 * 「紅い荒野に洗濯機」日誌 * 23:55 * - * -

★☆春一番☆★

今日は1幕を通しました!!各場を集中的にやる稽古より、やはり芝居自体が生きてきたような気がしましたっo(≧∀≦)o
まだまだ課題も目標もあるけれど・・・到着地は決まっているのでただひたすら前進するのみ(`◇´)┘=3

『ありゃ〜(°д°;)あと約1週間でねすかぁ!?』

タイトルと内容が合ってなくてごめんなさい!!でも温かくて春をじっかん♪ちょっとしあわせな日でした。

真っ赤なほっぺのおつゆ(●^▽^●)
劇団東演 * 「紅い荒野に洗濯機」日誌 * 12:17 * - * -

One For All,All For One

本日は、稽古終了後の夕方から衣裳合わせでした。
今回の出演者は総勢16人。
しかも…着替えが多い!ので点数も多い!
よって…めちゃめちゃ時間がかかりました(^_^;)
3月3日の初日まで約10日。
本番に向けて劇団全体がフル稼働といった感じですが、「東演らしく」みんなで支え合いながら、残りの日々を駆け抜けたいと思います!

水元徹ちゃん/原野寛之(^_^)v
劇団東演 * 「紅い荒野に洗濯機」日誌 * 22:58 * - * -

徳利のお話し

 舞台では装置(大道具)・小道具・衣裳と様々な”効果”を生むものがあります。
今日は小道具として使われる「徳利」のおはなしをちょこっとします。
 徳利の中身といえば、ザ・日本酒。酒と言えばいいのですが、昨今はアルコール類を称して”酒”と言ってしまってるのでここではあえて、日本酒で。
なんたって米どころ宮城だもんね。ンでも九州鹿児島では徳利の中身はお湯割の焼酎なのだ!
 稽古でくりかえし徳利から酒をついでおちょこでぐいぐいやってると、ほんとーに日本酒が飲みたくなります。そう、影響されやすいんです、敏恵は。酒好きのおどっちゃん、酒になる前の米作り好きな弟が家族にいて、、、やっぱりおらはお米が変身して酒になったのがすきだ〜うううッぐび!
 おらが出ていない場面にも「徳利」が登場するんだども、どんなだかは劇場でのお楽しみ!
 ぷはぁ〜敏恵@小池友理香
劇団東演 * 「紅い荒野に洗濯機」日誌 * 23:52 * - * -

満州娘です=^ェ^=

早いもので、もういくつ寝ると初日…な時期に来ており、日に日に緊張感を増してきております。

演出家の手によって、徐々にシーンが出来上がっていきます。

いろんな時代にいろんな人間が生きてきた。満州娘の桂琴は、1941年の春、どんな想いでこの広瀬の家に来たんだろう?

今日は作家の堀江安夫さんが稽古を見ていてくださいました。
書かれた人物の背景を想像し、膨らませて創造するのが私たちの仕事です。
…なかなか言うは易しですが、とにかく日々積み重ねていくのみです!

私たちひとりひとりの人生を、皆様ぜひ垣間見にいらしてくださいませ!

岸並万里子
劇団東演 * 「紅い荒野に洗濯機」日誌 * 23:32 * - * -

お味噌汁。

今日から1Fの稽古場に移動です。
いよいよ追い込みシーズンに突入です。
稽古場仕込と稽古でなかなか忙しい一日であります。

こんな日に私達を助けてくれるのは、制作の勝さんの作ってくれるお味噌汁。
身体のみならず、稽古で疲れた心もあったかくしてくれます。
ありがたいっちゃ〜ぴかぴか
佳境に入ってくると人の優しさが心にしみいります。

勝さん、ありがとう!
あ、また作ってくださいなんて催促してるんじゃ決して。。。
いや、また楽しみにしていますラブ

故郷のありがたさが身にしみる広瀬たまき/安田扶二子



劇団東演 * 「紅い荒野に洗濯機」日誌 * 23:33 * - * -
このページの先頭へ