<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

バーベキューの会。


きょうは、【桜の集い】改め❗【バーベキューの会】❗


お客さま12名。劇団員21名。合計で33名♪

昭和記念公園を一時間ほど散策し、その後バーベキュー🍖


火起こしから若手が頑張ってくれて、肉、野菜を焼き、最後は焼きそばまで。お腹いっぱい。お酒もいっぱいで楽しい会になりました。


片付けも皆で協力して行い、まだ明るい内に解散となりました。


お花見の時期に旅公演だったので、今回のバーベキューに企画を変更しましたが、天気も良く、そんなに暑くもなく、とても良かったです。


一番はお客さまに楽しんでいただけたこと。

公演の時はなかなかゆっくりお話しできないので、そういう時間を持ててとても良かったです。



次回は納涼会の予定です🎵

ご期待ください❗



かせ野二紗子。

劇団東演 * いろいろ * 17:17 * - * -

まつもと市民劇場運営サークル会議

DSC_0981.JPG
『琉球の風』が各地で動き出しています。

今年の『琉球の風』は、六本木の俳優座劇場での公演を終えた後、長野県ブロックや九州三都市、年末の神奈川ブロックなど演劇鑑賞会の旅公演が予定されています。

鑑賞会では年間数本行う例会(公演)を会員の皆さんでそれぞれ担当に別れ、手分けして運営をされていますが、その具体的な準備活動は2ヶ月以上前から進められるようです。

長野県は松本市のまつもと市民劇場では、7月6日、7日の2ステージ行います。既に1回目の会議は済んでいて、今回第2回目の会議に、出演者として『琉球の風』の魅力や見どころをお伝えするために招かれました。

会議は10:30〜、14:00〜、18:30〜の3回あり、それぞれお仕事や家事の合間を縫って集まった担当サークルの皆さんの、熱意や思い入れを肌で感じることができました。

これまでの公演写真やビデオ、また私自身が最近訪ねて見て聞いて感じた沖縄の写真や動画も交えてお話しいたしました。
資料は集めるには集めましたが、しっかりまとめていなかったため、最初はかなりとっ散らかった話になってしまいましたが、会議に参加された皆さんに助けられ、なんとか最後まで務めることができました。

『琉球の風』例会を成功させたいという目標で繋がっている市民劇場のみなさんの、お一人お一人のお顔を糧に、これからの稽古に臨んでいきたいと思いました。

新城芳郎(能登剛・のとたけし)



 

劇団東演 * 2018「琉球の風」 * 23:30 * - * -

新人さんこんにちは(>_<)

今年は1名、新たなに仲間が増えました(^-^)v

先輩に囲まれた真ん中にいるのが上村遥(うえむらはる)くんです。

みんなからはる君と呼ばれています。


そんなはる君から一言!

「芝居に触れることのできる日々の喜びを、噛み締めていきたいです」


皆様、どうぞよろしくお願いします!

劇団東演 * いろいろ * 17:52 * - * -

『琉球の風』公演詳細

お待たせいたしました。次回公演のお知らせです。

2016年初演「琉球の風」が今度は六本木・俳優座劇場にて再び幕が上がります‼

 

 

劇団東演

第153回公演 「琉球の風」

 

作 中津留章仁
演出 松本祐子

 

【キャスト】

豊泉由樹緒
能登剛
奥山浩
星野真広
清川翔三
木野雄大

腰越夏水
岸並万里子
古田美奈子
量酘鷦啝
東さわ子

 

佐々木梅治(劇団民藝)

 

【スタッフ】

美術/乗峯雅寛
照明/賀澤礼子
音響/山北史郎
衣裳/大野典子
方言指導/久保田清美
舞台監督/相川 聡
宣伝美術/コガワ・ミチヒロ
制作/横川 功

 

【日程】
6/25(月)14時
6/26(火)19時
6/27(水)19時
6/28(木)14時
6/29(金)19時
6/30(土)14時
7/1(日)14時

 

【場所】

俳優座劇場【六本木】03‐3470‐2880
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」6出口すぐ

東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口 徒歩1分

バス停留所「六本木駅前」徒歩3分

 

【チケット】全席指定

一般 5000円
シニア(65歳以上) 4500円
U25(25歳以下)3000円
+1(3名様グループでプラス1名様ご招待)15000円

 

5月14日(月)から発売開始です!

 

が今回東演チケットセンター(http://t-toen.tstar.jp/)にて先行特割発売いたします!

期間は5月1日〜5月13日まで、一般5000円、シニア4500円→4000円で販売いたします!

オンラインのみ、こちらもぜひご利用くださいませ!

 

【あらすじ】

東京の旅行代理店に勤める片岡誠也のもとに一本の電話が入る。
代理店で企画している沖縄ツアーの実態について話を聞きたいという観光庁の秋本からの連絡だった。
同僚・新城沙緒理が手がけるこの沖縄ツアーは即座に満員になり、定員を増やす騒ぎになっていた。
しかし片岡は、沙緒理には純粋な観光ツアーではなく別な思惑があるのではと気にしていた。
「沖縄の人間は基本的に基地に反対しているからなぁー」と振ってみるのだが、
「反対している人だけではなく、賛成している人も、無関心派も大勢いますよ」と取り合わない沙緒理・・・。
東京生まれ東京育ちの片岡誠也、沖縄生まれで沖縄育ちの沙緒理の兄・新城芳郎、

二人の出会いでやがて意外な事実が明らかになっていく・・・

 

 

劇団東演 お問い合せ
TEL 0334192871
FAX 0334144753
Mail: info@t-toen.com

劇団東演 * 2018「琉球の風」 * 11:07 * - * -

サイレント・スタンディング。



今月も行動しました!

下北沢駅は南口が閉鎖されたため、北口にて行動。

劇団員5名参加。

思ったよりも人通りがあり、声も掛けてもらえました。


未だ続けていかなければならない現状です。

が、諦めることなく進みましょう。


かせ野二紗子。

劇団東演 * いろいろ * 09:44 * - * -

2015〜2018ベリャコーヴィッチ『検察官』大千秋楽

 



2018検察官ツアー岡山城前にて



 2018年3月15日、岡山市立市民文化ホールで幕を開けた2018『検察官』中国ブロックツアーは、4月15日、岡山市立西大寺公民館で千秋楽の幕を降ろしました。



 



 それはまた、2015年2月21日に新宿南口紀伊國屋サザンシアターで産声を上げたベリャコーヴィッチ『検察官』の大千秋楽でもありました。



2018検察官ツアー千秋楽の朝



 『ロミオとジュリエット』では半円形に数珠つなぎになった鉄のアーチ、『どん底』では舞台一杯4列に並んだ鉄の二段ベッド、『ハムレット』では巨大な王宮を彷彿とさせる宙に浮く円柱群のオブジェ、どれもモノとしては単純でありながら強烈なインパクトを持ち芝居の中で様々なイメージを産み出す舞台装置でした。



 そして『検察官』では、単体としてこれまでにない大きさを誇る《階段の要塞》が私たちを4年間支えてくれました。



 新宿西口の貸稽古場、芸能花伝舎で初めて対面した時の高揚感は今でもリアルに胸に蘇ります。



 



 4月15日朝、西大寺公民館の開門と同時に小屋入りしたメンバーは、それぞれ準備を始めます。



 前日の夜公演で汗になり、階段下に干してあった衣装たちを取り込み、アイロンがけなどしてセットアップするもの、階段の手すりに飾られた花束を回収し、損傷などのチェックをしたうえで舞台袖の小道具置き場に並べなおすもの、そして開演に備えて身体のウォーミングアップをするもの、いつもの景色でありながら、いつもとちょっと違う、これが最後なんだという空気を噛み締めながらロビーに出てみました。



2018検察官ツアー係分担



 私たちは大抵の作品はまず東京で発表し、それから全国に広がる鑑賞会組織に選んでいただいた後、巡演ツアーに臨みます。



 そして鑑賞会活動は会員相互の理解と協力の基、劇団と協働して【公演=例会】を作り、地域の文化を高めようという運動です。2016年の九州ブロック、2017年の静岡、中部北陸ブロック、そして今年は中国ブロックを廻り、沢山の会員のみなさんと一緒に『検察官』をつくる喜びを味わいました。



 



 楽屋の廊下には劇団のツアーメンバーに向けた掲示板がありますが、ロビーには写真のような、例会を運営する上での係分担表が張り出されています。この掲示を見るといつもほっこりした気分にさせてもらえます。私たちが勝手に公演を打っているわけではないのだ、一緒に例会をつくっているのだと実感できるからです。



 ロビーで準備を始められていた事務局長の近藤さんに挨拶をしてから再び会場に戻り、客席フロアの少し広いスペースでルーチンワークのアップを始めました。



2018検察官ツアー夢のホール



 このステージが『検察官』最後の1回になるのだ、泣いても笑っても《もう1回》は無いのだと意識しないでできるわけがありません。それでも、その特別な意識が思わぬ失敗を産み出してしまうという知識や経験も、持ち合わせるところまではきました。ウォーミングアップのメニューも声出しの場所も、直前の食事の時間も、歯磨きの長さも、最後の舞台上でのチェックも、もう一歩の課題探しも、メイクアップの手順も、すべていつもと同じにすることで平常心をキープさせようと試みます。



 



 新鮮に新鮮に、すべてが初めて起きていること…



 



 舞台監督のゴーサインが聞こえると、指揮者のジョーラが舞台に飛び出していく。



 お客さんの笑い声がこぼれだす。



 ベリャさんがその膨大なコレクションから選び出した音楽が劇場に流れ出す。



 役者の歓声が歌声が響き渡る。



 「グラダナチャーリー アチェラドヌィ………」



 



 能登アントン市長の心持ちで流れていく精神と、焦るな熱くなるなと自制する精神が同時進行している瞬間もありました。



 



 娘と未来の元帥閣下との結婚が決まり、町の人々と喜び歌うシーン、階段の隅々まで広がった役人や妻たちが大きく花束を振る姿に両手上げて応えて叫んだ時、劇場全体が唸りを上げているような響きを感じました。



 ベリャコーヴィッチが厳しく求めたシーン、歓喜のシーンはこれだ、この轟を作りたかったのだと涙が溢れた瞬間でした。



 



 スタッフも役者もそして会員のみなさんも、この千秋楽をいい舞台にしたい、そんな【想い】が劇場に充満しているように感じました。何度も感じました。



 その想いがまさに結実した『検察官』になったと思います。



 



 舞台演劇はステージを重ねて重ねて創り続けていくものです。



 『検察官』は134回の公演を行いました。きわめて荒っぽい計算ですが、6万人以上の方々が関わっています。その想いと力の結集があの舞台だったのです。



2018検察官ツアー交流会



 その日の夜、西大寺市民劇場の事務局で行われた交流会には、2016年九州ツアー初日を開けた北九州市民劇場の民谷事務局長と、中国ブロック代表として福山市民劇場の國友事務局長も駆けつけてくださいました。



 集合写真の雰囲気の通り、楽しく温かく心の触れ合えるひとときを過ごさせていただきました。



 



2018検察官ツアーベリャさん



 たった一つ……そこに彼がいなかったことが、悔しくて残念でなりません。



 



 でも、きっとそんな事を言えばこんな風に笑い飛ばされるのでしょうが。



 



 4年間『検察官』を応援し共に育ててくださったすべてのみなさまに、心からの感謝を申し上げます。



 



 ありがとうございました!



 



 



アントン市長



能登剛(のとたけし)



 



 



 



 


劇団東演 * 2018「検察館」旅日誌 * 05:16 * - * -

西大寺の犀。

❮かせ野二紗子のご当地レポート♪❯


会館の隣の公園にいる犀☺


 金陵山西大寺に伝えられる寺記によると宝亀8(777)年紀伊の安隆上人が大和長谷観音のお告げによって当地に観音堂建立のため諸国で資材を集め来航の途中児島の南の浦槌戸で急に海が干潟となり、犀の角をもった龍神が現われ「この角をもって地をかため本堂を建立せよ」と上人に角を授けられました。これにちなんで、でき上った寺を犀戴寺と名づけられたがその後承久3(1222)年 後鳥羽上皇が北条市調伏の祈願文に西大寺とかかれたため以後現在の寺名に改められるようになりました。

劇団東演 * 2018「検察館」旅日誌 * 10:38 * - * -

西大寺の西大寺。


❮かせ野二紗子のご当地レポート♪❯


会館の隣の西大寺へ。

立派な本堂☺

裸祭りが有名なようです。


かせ野二紗子。


劇団東演 * 2018「検察館」旅日誌 * 16:45 * - * -

張り出し作業

『検察官』最後の地・西大寺にやってきました。
舞台セットのサイズの都合上、客席の前の方を潰して、舞台を拡大!



仕込み班みんなで足場をトントン組み立てました。
どんな舞台になるのか、ご期待ください!



中花子
劇団東演 * 2018「検察館」旅日誌 * 15:49 * - * -

ワイロ!



とあるカーテンコールで、いただいたワイロを山分け。
(左から病院長役の内田さん、判事役の豊泉、地主役の島さん♪)



市長(能登)も加わり、悪い大人たちの不正が横行しています。
良い子は真似しないように…(笑)

中花子
劇団東演 * 2018「検察館」旅日誌 * 15:19 * - * -
このページの先頭へ